サイトマップ
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

「きぼう」を見よう

3D位置情報 ご利用の前に

Java実行環境のインストール

本コンテンツは、Java実行環境(JRE)およびJava 3D APIを使用しております。ご覧になるパソコンにJava実行環境(JRE)とJava 3D API両方をインストールする必要があります。

インストール手順(Windows、Solaris、Linuxの場合)

  1. JREのインストール
    • Javaホームページのダウンロードをクリック。
    • 画面の指示に従いインストールを実施。
  2. Java 3D APIのインストール
    • Java 3Dダウンロードページへ移動。
    • ご利用のOSに対応したJava 3D APIをダウンロード。
    • ダウンロードしたファイルを実行してインストール。

インストール手順(Mac OSの場合)

  1. JREのインストール
    • OSレベルでサポートしているので、必要ありません。
  2. Java 3D APIのインストール

推奨ハードウェア環境

本コンテンツは、ご利用になるパソコンによっては、起動に時間がかかったり、動作が遅い場合があります。推奨環境として、以下をお勧めします。

Windows系OSの場合
CPU Pentium III 800MHz以降
メモリ 256MB以上
OS Windows 98/2000/Me/XP/7
Mac系OSの場合
CPU PowerPC G3 600MHz以降
メモリ 256MB以上
OS OS X 10.3以降
Webブラウザ Safari 1.2以降

正しく動作しない場合は

  • 本コンテンツは、JavaJava 3Dを使用しておりますので、JavaJava 3D両方が実行できるOS上でのみ動作します。お使いの機種がJavaJava 3Dに対応しているかご確認下さい。
  • Javaの複数のバージョンがインストールされている場合がありますので、その場合は、コントロールパネルの「プログラムの追加と削除」を使用して1度全てのJavaソフトウェアを削除してから、最新版のインストールを行ってください。
  • ブラウザの環境設定でJavaを有効にする設定になっているかご確認下さい。
  • Javaを実行するためには、メモリに68MB以上の空き領域が必要です。十分なメモリを搭載してください。
  • 動作が遅い場合は、他のプログラムを全て停止すると、速度が向上する場合があります。
  • それでも、動作しない場合は米国オラクル社のサイトのJavaヘルプおよびFAQJava 3Dに関するFAQ(英文)をご覧になってください。
  
 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約  ヘルプ